サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

不労所得1,000万円を最終目標に日々の活動を記録していきます

【積立FXの設定をしてみよう!】選ぶべきおすすめの通貨ペアは?

積立FXとは、FX取引の仕組みを利用して、外貨を積み立てる投資方法です。

詳しく知りたい方は先にこちらをご覧ください。 

  

今回は、その「積立FX」を始める上で、最初に設定をする4つの項目

  • 通貨ペア
  • 金額
  • レバレッジ(投資効率)
  • 購入頻度

 の内、通貨ペアについて解説していきたいと思います。

 

その中で、私が個人的に良いと思っている通貨ペアも合わせて紹介できればと思っています。

 

【この記事の目次】

それでは早速内容に入っていきましょう。

選ぶべきおすすめの通貨ペアは?

積立FXにおいて選ぶべき通貨ペアを考える前に、まずは取り扱いのある通貨ペアを確認していきましょう。

 

その後におすすめの通貨ペアを紹介していこうと思います。

 

積立FXで取り扱いのある通貨ペア

まず積立FXで取り扱いのある通貨ペアについてですが、積立FXのサービスを提供している「SBIFXトレード」と「SBI証券」を比べながら見ていきます。

 

各業者の取り扱い通貨ペアは以下の通りです。

通貨ペア
取扱い
SBIFX
トレード
SBI証券
米ドル/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
カナダドル/円
中国人民元/円
南アフリカランド/円
トルコリラ/円
香港ドル/円

 「SBIFXトレード」が9種類、「SBI証券」が6種類と「SBIFXトレード」の方が多くの通貨ペアを積立FXで取り扱っています。

 

また特徴は、全て日本円と外貨の組み合わせによる通貨ペアになっているところでしょうか。

 

ここまでを踏まえて、私のおすすめ通貨ペアを見ていきましょう。

 

おすすめの通貨ペアTOP3

私が積立FXにおいておすすめする通貨ペアは以下の3つです。

  1. 米ドル
  2. 南アフリカランド
  3. トルコリラ

 

詳細の理由は、通貨の特徴を含め後述しますが、私は積立FXを「長期投資」と位置づけいているので、スワップポイントを重視しています。

 

そのため、先に各通貨の買いスワップの一覧をご覧ください。(※2020年10月10日時点)

通貨ペア
買いスワップ
年利換算
SBIFX
トレード
SBI証券
米ドル/円 9 9 0.31%
英ポンド/円 6 6 0.16%
豪ドル/円 4 4 0.19%
NZドル/円 2 2 0.10%
カナダドル/円 4   0.18%
中国人民元/円 6 6 1.39%
南アフリカランド/円 6 6 3.41%
トルコリラ/円 16   9.10%
香港ドル/円 2   1.14%

この中ではトルコリラと南アフリカランドが高めの利回りとなっています。

 

しかし、これだけでは一概に判断できないので、各通貨の特徴を確認していきましょう。

 

米ドルの特徴

1つ目「米ドル」の特徴です。

 

日本で為替市場と言うと、まず最初に出てくると言っても過言ではない代表的な通貨です。

 

また、「米ドル」は世界の基軸通貨とも呼ばれており、「最も普及している= 信用の高い」通貨とも言えます。

 

日本円も世界の中では、比較的安全な通貨と言われていますが、双方安全性が高いことから、それほど大きな値動きはないのが特徴です。

 

実際にチャートを見てみると、

f:id:investor19:20201010155614p:plain

5年程度遡ると、1ドル=100円〜1ドル=120円とやや幅がありますが、直近の2〜3年で見れば10円も変動していません。

 

とにかく抜群の安定感のある「米ドル」を長期積立の観点からは1番とさせていただきました!
 

南アフリカランドの特徴

2つ目は「南アフリカランド」です。

 

南アフリカランドと言えば、高金利通貨で有名です。

 

積立FXでスワップポイントを狙っていくには、この「南アフリカランド」をおすすめしたいと思います。

 

実際に私が積立てているのも「南アフリカランド」です。

 

しかし新興国通貨の特徴として、高金利な反面、値下がりには注意が必要です。

 

実際にチャートを見てみると、

f:id:investor19:20201010160207p:plain

最も「南アフリカランド」が高かった時は、1南アフリカランド=10円を超えていたのが、コロナショックの際には一時5.5円程までに値下がりしています。

 

安い時にもしっかりと購入できるのが積立FXの特徴ですが、こういったリスクは理解した上で通貨ペアを選択しなければなりません。

 

とは言え、良くも悪くも積立FXでは「南アフリカランド」のレバレッジは最大2倍までにしか設定できません。

 

リスクを抑えた上であれば、やはり高金利は美味しいので、選んでみたい通貨ペアです。

 

トルコリラの特徴

最後は「トルコリラ」です。

 

積立FXの取り扱いのある通貨ペアの中では、最も利回りが高いです。 

 

ついついそれならば「トルコリラ」1択で!と言いたくなりますが、 相応のリスクもあるので注意しましょう。

 

それでは、またチャートを見てみます。

f:id:investor19:20201010163637p:plain

見てみるとわかるように、右肩下がりのチャートとなっています。

 

それも2014年には1トルコリラ=50円程であったのが、現在は13円程にまで値下がりしています。

 

6年間で4分の1まで下がっていることを考えると、利回りが良くともリスクを考える必要があります。

 

現在も政情が不安定で、今後もどうなるかわかりません。

 

やや上級者向けの通貨ペアだと言えそうです。
 

また、「SBI証券」の積立FXでは取り扱いがなく、「SBIFXトレード」で「トルコリラ」は設定する必要があるので気をつけましょう。

 

まとめ

積立FXを設定する際には通貨ペアを選択する必要がありますが、選べる通貨は9種類なのでそれほど難しくありません。

 

その中でも、私がおすすめするのは以下の2つです。

  • 安定感のある「米ドル/円」
  • 高利回りの「南アフリカランド/円」

 

積立FXはあくまでも「長期投資」が前提となるので、値動きで利益を取っていくことはあまり考える必要がないと思います。

 

そうやって考えると、自然と選ぶべき通貨ペアが絞れてくるのではないかと思っています。

 

自分自身が長く持っていたいと思える通貨を選びましょう!

 

積立FXでは他にも設定項目がありますが、
その解説は以下の記事をご覧ください!

 

PVアクセスランキング にほんブログ村