サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

不労所得1,000万円を最終目標に日々の活動を記録していきます

【マクロミルポイントを稼ぐコツ】ミルトークでいくら稼げるのか試してみた!

私はアンケートサイト「マクロミル」でのポイ活をしています。

 

マクロミルはアンケートサイトの中でもポイントが貯まりやすく、またポイントの交換先も現金・各種ポイント・仮想通貨等、豊富で個人的におすすめです!

 

そんなマクロミルですが、更にマクロミルポイントを多く稼げる方法がないか探していたところ「ミルトーク」を見つけました。

 

この「ミルトーク」と呼ばれるサービスでもマクロミルポイントが稼げますので、+αのコンテンツとして活用しています。

 

そこで実際に使ってみた感想を含めて「ミルトーク」について紹介していきます。

 

【この記事の目次】

それでは早速内容に入っていきましょう。

 

ミルトークとは?

ミルトークとは、サイト内に上げられている質問に回答することによってポイントがもらえるサービスです。

 

もらえるポイントは「ペチャ」と呼ばれていて、獲得した「ペチャ」は、毎月上旬に集計され、「1ペチャ=1マクロミルポイント」としてマクロミルポイントに自動反映されます。

f:id:investor19:20200628133356p:plain

ミルトーク内には、「きいてミル」「トークルーム」「きょうのひとこと」という3つのコンテンツが存在します。

 

ここからはそれぞれのコンテンツについて解説していきます。

 

機能①「きいてミル」

「きいてミル」とは、質問者(法人会員)が作成した様々なテーマの掲示板に対して自分の意見を投稿する場所です。

 

特徴としては以下の点が挙げられます。

・一問一答形式

・自由記述による回答を行う

・1問につき1ペチャを貰える

 

ミルトークでは回答は選択式ではなく、自由記述がメインとなっています。またマクロミルとは異なり、設問は常に1つで「1問につき1ペチャ」が貰える仕組みです。

 

そのため、「きいてミル」だけで大量にポイントを稼ぐことはやや難しいです。

 

しかし、質問者から投稿した回答がベストアンサーに選ばれると「100ペチャ」獲得できます。ボーナスを狙ってみるのも面白いでしょう。

 

機能②「トークルーム」

「トークルーム」とは、法人会員から招待されなければ参加できない機能です。

 

ここでは他の参加者と一緒になって、「きいてミル」で回答した内容について、質問者からのより詳しい質問に答えます。

 

「トークルーム」はチャットやLINEなどのメッセージアプリをイメージするとわかりやすいでしょう。

 

そのためリアルタイムに会話をするわけではなく、回答期限までであればいつでも好きな時間に回答することができます。

 

「トークルーム」では多くのペチャが獲得できます。獲得できるペチャは以下の通りです。

・回答すると1トークルームにつき100ペチャ

・回答がベストアンサーに選ばれると更に1,000ペチャ

 

「トークルーム」で獲得できるポイントは魅力的なので、まずは「トークルーム」に参加することを目標にしてみるのも良いでしょう!

 

そのためにも、質問者の招待を貰えるよう「きいてミル」で丁寧かつ分かりやすい回答をするように心がけることが重要です。

 

機能③「きょうのひとこと」

きょうのひとこととは、日々の生活で感じた、商品・サービスに対する要望・アイデアを自由に投稿できます。イメージはツイッターの投稿が近いです。

 

しかし、この「きょうのひとこと」は、「きいてミル」や「トークルーム」と異なり、特定のお題・設問はなく、投稿してもペチャは一切もらえません。

 

唯一意味があるとすると、投稿した内容によって企業担当者からトークルームに招待されることがあることです。

 

ただ、あまり期待せずにつぶやきたいことを投稿するくらいの割り切りがあった方がいいかもしれません。

 

使ってみた感想

「マクロミル」と「ミルトーク」の両方に取り組んだ感想ですが、やはり「マクロミル」の方が多くのポイントが獲得できると感じました。

 

「ミルトーク」はあくまでもプラスαのイメージです。

 

「ミルトーク」のメリットとしては「マクロミル」のポイントに完全にプラスオンできる点があります。

 

そのため、時間があるならば「マクロミル」と「ミルトーク」の両方を回答した方が、当然多くのポイントを獲得できます。

 

ただ、もし時間に限りがあるのであれば、「マクロミル」の回答を優先し、時間に余裕があるときだけ「ミルトーク」に回答しても良いでしょう。

 

「マクロミル」のアンケートはすぐに回答の締切が来て消えてしまいますが、「ミルトーク」はそれなりに長い期間(感覚的には1〜2週間)回答できるように感じています。

 

だからこそ余裕がある時にプラスオンとして取り組むことをオススメします!

 

ちなみに私の場合、「マクロミル」は半年で18,000ポイントほど獲得することができました。平均すると月に3,000ポイントくらいです。

 

またミルトークでも月に100ペチャ前後くらいは獲得できました。コツコツと貯めていけば意外と貯まるものです。

 

毎日獲得ポイントをツイッターに上げていますので、よろしければフォローをお願いします。

 

ミルトークの登録方法

最後に興味のある方のために、ミルトークの登録方法を紹介します。ミルトークの会員になる方法はやや特徴的ですので注意しましょう。

 

ミルトークのログイン画面を開けてみると、以下のような画面が開きます。

f:id:investor19:20190929145004j:plain

見ていただくと分かるように、ミルトークにログインする際にはマクロミルのアカウントを使います。 そのためミルトークを利用する場合は、まずマクロミルの会員登録をしましょう!

 

「マクロミルの会員登録はこちらから」

 

やや面倒に感じるかもしれませんが、ミルトークのログインはマクロミルのアカウントしか使わないため、マクロミルの会員登録で「マクロミル」と「ミルトーク」の両方が同時に使えるようになり、むしろ一石二鳥です。

 

せっかくなのでこの機会に「マクロミル」と「ミルトーク」を合わせて始めてみましょう!

 

マクロミルの解説記事はこちら!

PVアクセスランキング にほんブログ村