サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

不労所得1,000万円を最終目標に日々の活動を記録していきます

【複利運用を継続中】積立FXを5年間やってみた結果を公開!

積立FXは本当に稼げるのか?

実際に取り組んでいる人の実績が知りたい!

f:id:investor19:20210423230015j:plain

そういった、悩みや要望に応えます。

 

実は、私は2017年8月より積立FXを活用した資産運用に取り組んでいます。

 

始めてから5年以上経過しましたので、これまで継続してきた運用実績を公開していきたいと思います。

 

参考になれば幸いです。

 

【この記事の目次】

 

ちなみに積立FXとは、FX取引の仕組みを利用して、外貨を積み立てる投資方法です。

詳しく知りたい方は先にこちらをご覧ください。 

 

それでは早速内容に入っていきましょう。

 

5年間やってみた運用方法

私は積立FXを使って「スワップポイントを毎日再投資」しています。

 

この方法は「複利効果を最大化する」ことが目的です。

 

具体的には、以下の手順で運用しています。

  1. スワップポイントを獲得するため通貨を購入
  2. スワップポイントを獲得
  3. 積立FXの設定をする

 

言い換えると、最初に入金した資金で高金利通貨を購入し、そこから得られる毎日のスワップポイントを「積立FX」の積立額に充てる方法です。

 

本来積立FXをするには毎月の入金が必要となりますが、この方法では最初に入金してしまえば、理論上その後の入金が不要になります。

 

より詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 

 

積立FXの設定内容

実際の積立FXの設定内容は、「南アフリカランド」を「毎日」積立てるようにしています。

 

基本的には獲得スワップポイント分を積立てる形に設定しています。

 

実際に設定していた内容をご覧ください。 

開始時の設定

積立FXを始めた当初の設定は以下のようにしました。

積立通貨 南アフリカランド
積立頻度 毎日
月当たりの積立金額 25,000円
レバレッジ 2倍
月当たりの購入金額 50,000円分

5年経過時の設定

5年経過時には以下のように設定していました。 

積立通貨 南アフリカランド
積立頻度 毎日
月当たりの積立金額 36,000円
レバレッジ 2倍
月当たりの購入金額 72,000円分

保有通貨が増えるにつれて、積立金額を増やしています。

 

現在は獲得スワップポイントに若干余裕があるくらいですが、マイナス変動に備えて少し積立額を控えめにしています。 

 

5年間やってみた結果

上記の設定で5年間やってみた結果を以下5つの視点から公開していきます。 

  • 保有通貨
  • 1日当たりの獲得スワップポイント
  • 累計獲得スワップポイント
  • 評価損益
  • 売買損益

 

なお、実績は2022年9月時点のものを使っています。

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

保有通貨

2022年9月時点での保有通貨は以下の通りです。

  保有数量
トルコリラ 200,000
メキシコペソ 500,000
南アフリカランド 515,188
ブラジルレアル 10,000

 

毎日積立をしているのは「南アフリカランド」です。

 

その他の通貨は積立の原資となるスワップポイントを獲得するために保有している分です。

 

5年間で「南アフリカランド」を「約50万通貨=約400万円」積み立てることができました。

 

また、現在は「南アフリカランド」を2,000通貨/週 程度積立てられています。


1日当たりの獲得スワップポイント

積立の原資となる、1日当たりの獲得スワップポイントは以下の通りです。

  獲得スワップポイント
トルコリラ 360
メキシコペソ 700
南アフリカランド 464
ブラジルレアル 40
合計 1,564

 

5年目の時点では、1日当たりの獲得スワップポイントは1,564円と、本来必要な1,200円を上回ることができています。

 

しかし、過去には大きな評価損を抱えた経験もありますので、リスク軽減のために積立額については若干控えめにしている状況です。

 

累計獲得スワップポイント

これまでに獲得した累計のスワップポイントは2,060,751円です。

  獲得スワップポイント
トルコリラ 1,049,724
メキシコペソ 653,250
南アフリカランド 350,477
ブラジルレアル 7,300
合計 2,060,751

 

5年間累計にすると大きな金額となっています。

 

これが長期投資の力と言えるでしょう!

 

評価損益

次に5年経過時の評価損益です。 

  評価損益
トルコリラ -1,767,466
メキシコペソ 1,260,350
南アフリカランド 722,958
ブラジルレアル 9,710
合計 225,552

 

これは獲得したスワップポイントを加味した損益となっていますので、評価益が出ているものの、まだ微々たるものかもしれません。

 

評価損益の反映を踏まえた証拠金は5,086,652円となっています。

 

売買損益

これまでの売買損益は以下のようになっています。

  取引数量 損益
ロシアルーブル 200,000 11,100

ロシアルーブルを保有していましたが、ウクライナ問題に際して、リスクを感じたのでポジションを解消しました。

 

若干ながら利益を得ることができました。

 

積立FXを継続する理由

私が積立FXを続ける理由は大きく3つです。

  • 積立FXは長期投資でやるべきもの
  • スワップポイントが累積していく
  • 長期的に円安になると予想 

 

元々積立FXは長期的に資産を形成する目的で始めました。

 

現時点で、それほど大きな利益を獲得できているわけではありませんが、資産は徐々に大きくなってきています。

 

加えて、私は10年単位での超長期的視点で見たときに円安が進んでいくと考えていて、メイン資産である日本株とのリスク分散の意味も兼ねています。

 

そのため、一時の損失は気にしすぎずに、今後もまだまだFXを続けていくつもりです。

 

まとめ

元々、積立FXをやってみようと思った理由は以下の3つです。

  • 分散投資として外貨資産を保有できる
  • 長期運用かつ低リスクでFXができる
  • 知識も時間も必要としない

 

これに関しては条件を満たしていると思っています。

 

コロナショックを機に大きな評価損を抱えるようになってしまい、一時は多少精神的につらい時期もありましたが、乗り越えることができました。

 

これまで以上に前向きに続けていくことができそうな気がしています。

 

今後も1年コツコツと積立を継続して、来年また結果を公開できるようにしたいと思います!

 

参考までに昨年時点の実績も載せておきます。

PVアクセスランキング にほんブログ村