サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

不労所得1,000万円を最終目標に日々の活動を記録していきます

【スワップポイントを再投資】積立FXの運用実績(2021年4月12日週)

スワップポイントの再投資による運用の効果検証を毎週しています。

今回はその第103回目、2021年4月12日週の実績報告となります。

 

【この記事の目次】

それでは早速内容に入っていきましょう 

今週の積立結果

2021年4月12日週の積立結果は、

南アフリカランド:2,160通貨です!

※積立の設定は以下の通りです

積立通貨 南アフリカランド
積立頻度 毎日
月当たりの積立金額 36,000円
レバレッジ 2倍
月当たりの購入金額 72,000円分

保有通貨

今週もいつも通り、南アフリカランドの積立分が増加しました。

  保有数量
トルコリラ 100,000
メキシコペソ 500,000
南アフリカランド 360,250
ブラジルレアル 10,000
ロシアルーブル 200,000

獲得スワップポイント

今週は1週間での獲得スワップポイントは8,560円となっております。

  獲得スワップポイント
トルコリラ 5,040
メキシコペソ 1,400
南アフリカランド 1,940
ブラジルレアル 40
ロシアルーブル 140
合計 8,560

 

 

なお、現在の1日あたり獲得スワップポイントは1,177円です。

  獲得スワップポイント
トルコリラ 700
メキシコペソ 200
南アフリカランド 252
ブラジルレアル 5
ロシアルーブル 20
合計 1,177

 

 

評価損益

評価損益は前週差71,712円となりました。

  評価損益
トルコリラ -924,686
メキシコペソ 211,700
南アフリカランド 254,480
ブラジルレアル -74,376
ロシアルーブル -45,200
合計 -578,082

 

 

保証金  

今週末時点の実質保証金は、2,271,918円(前週差71,712円)となりました。

 

今週のトピックス

 

今週はトルコの政策金利発表がありました。

 

中央銀行総裁の交代後初めての政策金利発表となりましたが、利下げはありませんでした。

 

エルドアン大統領の意向で利下げ圧力が働くと思われる中、現状維持となったのはトルコリラ安が進んでいるからでしょう。

 

市場は織り込み済みだったのか、政策金利発表を受けて特別変動はなかったようです。

 

長期的にはどのようになっていくか、引き続き注目していく必要がありそうですね。

 

それではまた来週結果をご報告します!

 

積立FXについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 

 

また、他の週の実績はこちらからどうぞ。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村