サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

不労所得1,000万円を最終目標に日々の活動を記録していきます

【クロームブックショートカットキー集】デリートキー機能を果たす方法

私が使用しているクロームブックは、キーボードが「US配列」というやや見慣れない形になっています。

 

そのため見慣れた形である「JIS配列」とも比べながら、クロームブックでの便利なショートカットキーを紹介していきます。

 

「JIS配列」と「US配列」の違いについてはこちら

 

今回は、「US配列」のキーボードには見当たらない、デリート(delete)キーの機能を代用する方法を紹介します。

 

【この記事の目次】

それでは早速内容に入っていきましょう。 

文字を消す方法

文字を消す方法は2通りあります。

「カーソルの左側」の文字を消す方法と、「カーソルの右側」の文字を消す方法です。

 

それぞれの方法を「JIS配列」と「US配列」のキーボードで見ていきます。

 

「JIS配列」の場合

まずは「JIS配列」の場合です。

「カーソルの左側」の文字を消す際に使用するのが「バックスペース(backspace)キー」です。

f:id:investor19:20200527222555p:plain

 

そして、「カーソルの右側」の文字を消す際に使用するのが「デリート(delete)キー」です。

f:id:investor19:20200527222800p:plain

 

これを踏まえて次に「US配列」を見ていきましょう。

 

「US配列」の場合

「カーソルの左側」の文字を消す際に使用する「バックスペース(backspace)キー」は「JIS配列」とほとんど同じ場所にあります。

f:id:investor19:20200527223317p:plain

 

しかし「カーソルの右側」の文字を消す際に使用する「デリート(delete)キー」がどこにも見当たりません。

 

そうです。「US配列」のキーボードには「デリート(delete)キー」が存在しないのです。

 

そこで「デリート(delete)キー」の機能を果たす「ショートカットキー」が必要になるというわけです。

 

デリートキー機能を果たすショートカットキー

「デリート(delete)キー」の機能を果たす「ショートカットキー」の入力方法ですが、「検索キー」を押しながら「バックスペース(backspace)キー」を押します(画像の赤枠参照)。

f:id:investor19:20200527224357p:plain

 

これで「カーソルの右側」の文字を消すことができます。

 

まとめ

このショートカットキーを知るまでは、「バックスペース(backspace)キー」しか無いと思っていました。

 

つまり「カーソルの左側」しか消すことができませんでした。

 

そのため「カーソルの右側」を消す際は、いちいちカーソルを動かしてから「バックスペース(backspace)キー」を押す手間がかかっていました。

 

その手間が省かれるという意味で、この「ショートカットキー」は非常に便利だと思います。

 

「US配列」のキーボードを使用している方は、是非活用してみてください!

 

また、私が「US配列」を使う上で「必要だな」と感じたショートカットキーについて、他にも記事にしています。

よろしければ、以下のリンクよりご覧ください

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村