サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!

不労所得1,000万円を最終目標に日々の活動を記録していきます

【クロームブックショートカットキー集】元に戻す・やり直し編

私が使用しているクロームブックは、キーボードが「US配列」というやや見慣れない形になっています。

 

そのため見慣れた形である「JIS配列」とも比べながら、クロームブックでの便利なショートカットキーを紹介していきます。

 

「JIS配列」と「US配列」の違いについてはこちら

 

今回は、意外と知らないけど知っていると便利な「元に戻す」と「やり直し」について解説していきます。

 

【この記事の目次】

それでは早速内容に入っていきましょう。 

ショートカットキーを使わない方法

今回の「元に戻す」と「やり直し」は、ショートカットキーを使わなくとも実行することができます。

 

まずはショートカットキー使わない方法から確認しておきましょう。

f:id:investor19:20200506152938p:plain

 

図のように、スプレッドシート等のツールにて、画面左上の「矢印」のようなものを使用します。

 

左側を押すと「元に戻す」ことができ、右側を押すと「やり直し」ができます。

 

「やり直し」と聞くと何のことか分かりにくいですが、「元に戻す」を押し過ぎた時にその入力を取り消すために使用します。

 

今回はGoogleのツールを例に紹介しましたが、WindowsのOfficeソフトでも同様の機能があります。

 

ちょっとした時短でしかありませんが、塵も積もれば山となる!です。ということで、ショートカットキーの操作方法について見ていきましょう。

 

元に戻す

まずは「元に戻す」のやり方ですが、「コントロールキー(ctrl)」を押しながら「Z」を押します(画像の赤枠参照)。

 

これで「1作業前の状態」に戻すことができます。

f:id:investor19:20200506154901p:plain

 

やり直し

次に「やり直し」のやり方ですが、「コントロールキー(ctrl)」を押しながら「Y」を押します(画像の赤枠参照)。

 

先ほどの「元に戻す」は複数回使っていると、つい「戻し過ぎてしまう」ことがあります。このやり方で「元に戻す」を取り消すことができます。

f:id:investor19:20200506155310p:plain

 

JIS配列のキーボード

最後に「JIS配列のキーボード」も確認しておきましょう。

f:id:investor19:20200506155915p:plain

「JIS配列」のキーボードも「US配列」のキーボードと同様の場所に、「コントロールキー」と「Z」「Y」がありますので違和感なく活用することができると思います。

 

まとめ

このショートカットキーは意外と知られていないですが、使用頻度はかなり多いと思います。

 

また、「メール」「Web検索」や「ブログ記事作成」においても「元に戻す」「やり直し」のショートカットキーは使うことができます。

 

ここら辺はマウス操作による「元に戻す」「やり直し」はできませんので、ショートカットキーを知っていると差が付きます。

 

「コントロールキー」+「Z」「Y」を知っているだけで、無駄な作業を減らすことができ、ちょっとしたミスに対するストレスも減らせるのでおすすめです。

 

是非活用してみてください!

 

私が「US配列」を使う上で「必要だな」と感じたショートカットキーについて、他にも記事にしています。

よろしければ、以下のリンクよりご覧ください

PVアクセスランキング にほんブログ村